【活動レポート】テーマ:価格戦略『価格の心理学 - なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?(リー・コールドウェル著)』マーケティング読書会



2013年8月 3日 Posted in 活動レポート

テーマ

価格戦略

課題図書

『価格の心理学 - なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?(リー・コールドウェル著)』

>『価格の心理学 - なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?(リー・コールドウェル著)』リンク

8月3日のマーケティング読書会の活動レポートです!

今回は、誰もが興味のある「価格」をテーマに扱いました。


同じような商品なのに、値段が全然違うものがある。しかも両方売れている!
こんなもの誰が買うのかという商品が高値で売れている!
こんな値段でビジネスになるのか?とびっくりするくらい安い値段で売られている!

価格に関する様々な疑問を皆さんと議論しました。

 

 

↓写真の下に続きます

kakakunoshinri_01.JPG

 

kakakunoshinri_02.JPG

 

私たちは、どんな人が高いサービス商品、安いサービス商品を選ぶのか?という問いに対して、どうしても「人」の属性(デモグラフィック)にフォーカスしてしまいがちです。

例えば、年収が高い人なら高いものを、年収が低い人なら安いものを買う。また、年齢が◯◯歳ならこういったもの・・・。といったように、性別、年齢、収入などで購買パターンを考えてしまいます。

今回の課題図書の深堀りでは、近年、このようなパターンと私たちの購買行動が、徐々に乖離していることを解説させていただきました。「誰に売るか」よりも「どこで売るか」というチャネルの部分に着目することがなぜ大切なのかを、理解してもらいました。

実際に、課題図書の「価格の心理学」でも、「誰に売るのか」という個人属性をターゲットにした記述がすごく少ないことに、著書を読んだ方は気がついたと思います。

 

ワークの時間では、皆さんの身の回りにある、「あり得ないくらい高い(ボッタクリ?)もの」「あり得ないくらい安いもの」「高いけど欲しくなってしまうもの」などをシェアしてもらい、価格に対する皆さん一人ひとりの関心の違いを洗い出してもらいました。

最終ワークでは、参加者の方が、実際に「伝説のマーケッター」になってもらって、既存の商品サービスの値段を大幅に高くしたり、安くして、新しい市場を切り開くということをやってもらいました。

・「もやし」を10,000円くらいの高値で売るビジネスモデル
・本を電子化して、低価格で読み放題にするビジネスモデル
・あらゆる「空気」を有料化するビジネスモデル
・老人ホームを保育施設と組み合わせることで、限りなく低価格にするビジネス

 

などなど、自由な発想で、「価格の壁」を超えてもらいました。
やはり、「価格」というテーマに関しては、参加者の皆さん、日常生活の中でも思うところや気になるところがたくさんあるようで、ワークが大変盛りあがっていました!

ビジネスは、「安いほうが有利」「低価格化に移行する」といった分かりやすい価値で、必ずしも私たちの社会が動いていないということを感じてもらえればと思います。

ありがとうございました!

 

↓参加者の声の下に、写真もたくさん掲載しています。

【参加者の声(本日のグッときたONE!)】
 
・M・Mさん
すごく素敵な会でした!皆で1つのテーマを話し合うことで、1人では思いつかない事が思い浮かんだり、案が展開していったりとすごく楽しかったです。また参加したいと思います。
 
・H・Tさん
会社では上がこう考えているから、あっちの部がこうだから、という制約上で話が進みがち。でも、この場ではそういうことも一切なく、自由に話が出来て楽しかった!皆で悩んでいるフェーズから、アイデアがまとまってきた時間の目の前が明るくなるような感覚はとても素晴らしい体験でした!メンバーの皆に感謝!そして、この場を提供してくれたスタッフの方々に感謝!
 
・M・Sさん
初めて参加でしたが、最初の山田代表のお話も、ディスカッションのテーマ、内容もとても興味深いものでした。今日得られたヒント、疑問に思った事をもっと深めたいと思い、とてもいいきっかけになりました。また是非参加させて頂きたいと思います。
 
・O・Sさん
いろいろな人の意見、考えが聞けて勉強になりました。ものを購入する時、人は「文化」(※bizima事務局註:山田代表がプレゼンテーションで使用した代表オリジナルの造語「価値文化圏」)で決めるというところがなるほどなと思いました。マーケティングではよく属性と言われるので新しい発見でした。
 
・M・Tさん
普段話せない人と話ができるのはとても良い刺激になりました!一人で本を読んだだけでは得られない深い洞察を得ることができました。
 
・K・Yさん
異業種の方々と一つのテーマについて話すことで、色々な角度から新しい気付きを得ることが出来ました。
 
・N・Eさん
他の職種・年代の方の意見と価値の裏側にひそんでいる物の判断や感覚を感じ知ることができました。楽しかったです。いい刺激になりました。
 
・M・Sさん
久々に学生に戻ったように、グループで楽しく話せてよかった。
 
・ I・Sさん
今回で3回目の参加になりましたが、毎回刺激を受けております。課題図書も非常に興味深い内容だったので勉強になりました。またぜひ参加させて頂きたいと思います。
 
・A・Hさん
グループワークでグループによって全く異なった発想が出ておもしろかったです。選定された図書が読みやすく、自分にとって刺激的でした。様々な業種の人がいてお話するのが面白かったです。
 
・N・Tさん
初めての参加でしたが、普段出会えないような方々とグループディスカッションできてとても刺激になりました。皆さん、とても自由な発想で議論されていて、まだ20代前半なのに、「いや、それはムチャだなあ…」と考えていた自分の頭が凝り固まっているように感じられました。また機会があれば参加したいです。
 
・S・Yさん
商品の競合、比較対象を変えると商品の価値が大きく変わる事を学んだ。グループワークでは、自分が何となく思っていた事を発言し、それが共感されると、みんな同じような事を感じているものだ、という気付きが得られた。ワークの1つでサービスの企画とかになると、みんな夢中になり興奮していたいのが面白かったです。
 
・K・Kさん
初めて参加しました。一人で若干緊張しましたが、経験者の方が引っ張って下さり、楽しく過ごすことができました。インプットばかりの勉強会に参加していたので、こういった形式の勉強会はとても刺激になりました。また参加したいと思います。本日はありがとうございました。
 
・I・Tさん
グループワークが多く、普段関わることが少ない業種の方々での発想の違いを感じることができ、よかった。社内でのミーティングでは感じられないビジネスへの感覚の違いを聞くことにより、発想の固さをほぐすことができたと思います。
 
・M・Aさん
初めての参加で、どのような会なのか、とても不安でしたが、グループディスカッションではとても勉強になりました。
 
・U・Jさん
最後のグループワークがみんないろいろな意見ができ楽しかったです。話し合うことによる気づきはとても重要!貴重な場を提供してくださってありがとうございます。
 
・O・Sさん
一人で本を読むよりも、理解が深まりました。本の内容に加えて、山田代表の知識や体験によって、より深い理解につながりました。また、グループワークは他者の意見やテーマを考える共同作業で親しく話しやすく、自分自身のモチベーションにもプラスになったのを実感しました。ありがとうございます。
 
・K・Mさん
メーカー勤務、起業を考えている奥さま、介護施設勤務、同業者、ともの凄く面白いメンバーでディスカッションできたのがなにより良かったです。地域や世代にも少しひらきがあったのでその考え方の違いやお金に関する価値観を知る事ができました。2回目の参加ですが、今日もとても有意義で楽しい時間でした。ありがとうございました。
 
・I・Rさん
今回はメンバーの中で異なる意見が多くでたこともあり、刺激をたくさん受けることができました。他チームの発表は自分たちとは発想が異なり、人によって意見が異なっていることがすごくおもしろかったです。
 
・H・Mさん
普段話さない人たちと話せて、楽しかった!!!本のことについてや、そのあとのグループでの話し合いなど…生き方ははみんなバラバラだけど1つのテーマについて意見を出しあうことで、とても刺激になりました!事業にも役立てたいと思います!!ありがとうございました。また機会があったら参加します。
 
・M・Mさん
とても楽しかったです。課題図書は難しくて、あまり理解できなかったのですが、山田代表の冒頭のプレゼンテーションはとてもわかりやすく勉強になりました。グループワークも楽しかったです。
 
・K・Kさん
山田代表のプレゼン内で出た事例のうち、商品やサービスのカテゴリーを変えることで、相場価格が変わるのが興味深かった。あるサービスをくっつけたり、わけたりすることで違うサービスにするというアイデアが得られてよかったです。
 
・K・Mさん
「マーケット=ターゲット」という概念がすごくあったが、全く違った発想があり、驚きの状況です。今回3回目ですが、わくわくワークはいつも楽しく皆さんの意見が参考になり、いつも時間が足りない!!と思うくらいです!
 
・S・Aさん
マーケティングの勉強会ということで、販売業、サービス業の経験がありましたので参加してみました。人前での発言、意見等は苦手ですごく緊張もしましたが、皆さまの考え方、意見など聞けてすごく勉強になりました。おもしろいサービスの案などでてすごく感心しました。
 
・S・Nさん
1杯200円くらいのコーヒーが1,280円で売ってる所もあり(帝国ホテル)、9,995円で売っている所もある。マーケティングの大切さが分かりました。
 
・O・Kさん
毎回、良い課題図書や良いテーマで楽しんでいます。
 

 

kakakunoshinri_03.JPG

 

kakakunoshinri_04.JPG

 

kakakunoshinri_05.JPG

 

kakakunoshinri_06.JPG

 

kakakunoshinri_07.JPG

 

kakakunoshinri_08.JPG

 

kakakunoshinri_09.JPG

 

kakakunoshinri_10.JPG

 

kakakunoshinri_11.JPG

 

kakakunoshinri_12.JPG

 

kakakunoshinri_13.JPG

 

kakakunoshinri_14.JPG

 

 

勉強会・読書会詳細

テーマ

価格戦略

課題図書

『価格の心理学 - なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?(リー・コールドウェル著)』

開催日時

2013年08月03日(土) 17:00 ~ 19:00



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。