【活動レポート】テーマ:最新の市場予測『普通の人たちを予言者に変える 「予測市場」という新戦略―驚異の的中率がビジネスと社会を変革する(ドナルド・トンプソン著)』マーケティング読書会



2013年4月 6日 Posted in 活動レポート

テーマ

最新の市場予測

課題図書

『普通の人たちを予言者に変える 「予測市場」という新戦略―驚異の的中率がビジネスと社会を変革する(ドナルド・トンプソン著)』

>『普通の人たちを予言者に変える 「予測市場」という新戦略―驚異の的中率がビジネスと社会を変革する(ドナルド・トンプソン著)』リンク

 

yosoku130406_01.JPG

 

yosoku130406_02.JPG

 

4月6日の読書会は、「新しい市場予測」というテーマで、
課題図書は、『普通の人たちを予言者に変える 「予測市場」という新戦略―驚異の的中率がビジネスと社会を変革する(ドナルド・トランプ)』を取り扱いました。

 
今回も、参加者は定員になりました。満員御礼!ありがとうございます。
 
 
課題図書の内容は、「予測市場」という、政治やビジネスの予想を立てるために、
独自の株式市場のようなシステムを作る、新しい市場予測の話です。まさに最先端。
 
かなり奇異な話に聞えますが、実際にアメリカでは、
この仕組みで政治の予測が行われていたり、
Googleや、ベスト・バイヒューレット・パッカードなどのグローバル企業では、
社内で「予測市場(擬似株式市場)」を立ち上げ、社内の様々な意思決定に利用されています。
 
日本でも、下記のような予測市場が小規模ながら立ち上がっています。
 
「予測市場.jp」(ライトアップ社運営)
http://www.yosokushijo.jp/
 
「shuugi.in」(静岡大学佐藤研究室)
http://shuugi.in/
 
 
今回の著書は、内容が想像しにくく難しかったのか、「予測市場」のイメージを上手く掴めきれなかった参加者も多かったようです。
課題図書解説で、腑に落ちた方も多かったようですが、まだ理解し難いと感じていた方もいらっしゃったようです。
今後、さらに分かりやすい解説ができるように、努力して参ります。
 
わくわくワークの時間では、「日本ではなぜ予測市場が活用されないのか?」、「実際に予測市場を活用したら面白そうな分野」などについて議論していただきました。
 
「日本ではなぜ予測市場が活用されないのか?」については、
「法律上の問題」「国内での成功例の少なさ」などの意見が出ました。
 
予測市場を利用したら面白い分野のアイデアとしては、公共性のある分野での活用意見が多く大変興味深かったです。
具体的には、
・東北の被災地への義援金の利用方法(分配方法)を被災地の住民限定参加の予測市場で決定する。
・地域でのまちおこしの投資を、予測市場で決定する。実際に当人たちに予測市場のお金も出してもらい、投資した金額の多い人に名誉を与える。(作った物に名前をつけるなど)
 
その他、
・家や、結婚、資格の価値など、ライフプランの重要な分野の予測市場を立ち上げる
・アイドルなどのサブカルチャー分野での予測市場を作る。
 
などなど様々なアイデアが飛び交っていました。
 
参加者の皆さんは、1人で著書を読むだけでは理解しきれなかった内容や、自分の仕事への知識の応用などのアイデアが、ワークを通して深まったようです。
読書会が、本の内容をより皆さんに活かせる形につながったようで、主宰としては大変うれしく思っております。
(※参加者の声参照)
 
ありがとうございました!
 
 
 
 
【参加者の声(本日のグッときたONE!)】
 
・M・Hさん
年齢やバックグラウンドが異なる人と、課題図書について話せたのが良かった。
特に、私の仕事が、実際に今後の市場を予測する内容が多いため、ワークでの話し合いの内容や本の事例を取り入れて、仕事に活かしたいと思います。
 
 
・H・Hさん
今回勉強会に参加することを決めたことで、難しい課題図書をなんとか読もうというモチベーションが保てました。一人だと挫折していたと思います。いろいろな人の話を聞くことができ、とても参考になりました。ありがとうございます。
 
 
・O・Yさん
初めて来たので最初緊張しましたが、ワークで皆さんと話し合っているうちに緊張も解け、楽しく過ごせました。前向きな話題だと盛り上がるのが印象的でした。また来たいと思います。
 
 
・K・Yさん
初めての参加でしたが、とても良かったです。新たな刺激を得られました!本書を読んだ時、「どうしたらこの内容を使えるのかな?」と思っていましたが、意見を出し合う中で、新たなアイデアを知り、一人では学べない知識を得られました。ありがとうございます。
 
 
・M・Cさん
講師オリジナルレジュメと解説から、予測市場は「ほら、私が正しかった!」(←レジュメ掲載内容)を拾える方法であることを知りました。
課題図書やワークのディスカッションから、自分が会社で今取り組んでいる仕事に役立つ内容を見つけられたことが今回為になりました。
 
 
・I・Hさん
初参加でしたが、とても色々な議論が出来て楽しかったです。とても気付きも多かったです。前向きな方の参加が多いと感じました。また是非参加したいと思います。
 
 
・M・Kさん
読書をする時に、1冊の本に対してこれほど深読みしたことがなかったので、大変面白かったです。
 
 
・S・Mさん
本の内容が分からなくても課題図書の解説が分かりやすいので、核心に触れて理解することが出来た。
また、ワークで様々な人の意見を聞く事で、自分の視野が広がりました。本を読んだときは予測市場はマイナス的であると感じていたが、他人の意見を聞く事で予測市場を取り入れるメリットを見出せた様な気がします。
 
 
・A・Hさん
今回初めて参加させていただいたので、参加前はとても緊張と不安な気持ちがありましたが、わかりやすい説明を聞いているうちに自然と話に聞き入って、気付いたら緊張や不安な気持ちが無くなっていました。
グループワークも、普段関われない方の色々な意見を聞いたり、自分の意見をまとめてアウトプットすることで非常に勉強になりました。この様な機会を設けていただき、ありがとうございます。また参加さえていただきたいので、よろしくお願いいたします。
 
 
・H・Nさん
本も読んでおらず、しかもワークに途中参加でしたが、チームの皆さんに受け入れていただき、なんとか意見も出せました。ありがとうございます。
時間がなく読み切れなかった本ですが、ぐっと理解が深まりました。
 
 
 
・K・Eさん
本を読んだだけでは「予測市場」についてよく理解できないところがありましたが、他の方との議論を通じて、予測市場の概要や有意義な活用について理解を深めることができました。ワークのディスカッションの進め方や参加のマナーが素晴らしい方が多くて、勉強になりました。
 
 
・H・Yさん
自分の関わりのある業種と別の業種の方々と“あるテーマ”について話し合うと、複眼的な思考が身に付く気がします。
自分の体験から、様々なテーマを話せねばならない就活生にオススメします。
 
 
・H・Kさん
勉強会での解説やワークを通じて、予測市場の普及にはとても楽しみな部分が大きい反面、予測市場の力が大きくなりすぎた時の不安もあると思いました。
 
 
・S・Kさん
予測市場にビジネスチャンスを感じました。この市場形成に一役買いたいとちらりと思いました。
すごく勉強になりました。ありがとうございました。
 
 
・K・Nさん
ワークでの話し合いから、トップダウンで起こるイノベーションは型通りでつまならないものが多い、と実感した。
 

 

yosoku130406_03.JPG

 

yosoku130406_04.JPG

 

yosoku130406_05.JPG

 

yosoku130406_06.JPG

 

yosoku130406_07.JPG

 

yosoku130406_08.JPG

 

yosoku130406_09.JPG

 

yosoku130406_10.JPG

 

yosoku130406_11.JPG

 

yosoku130406_12.JPG

 

yosoku130406_13.JPG

勉強会・読書会詳細

テーマ

最新の市場予測

課題図書

『普通の人たちを予言者に変える 「予測市場」という新戦略―驚異の的中率がビジネスと社会を変革する(ドナルド・トンプソン著)』

開催日時

2013年04月06日(土) 16:30 ~ 18:30



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。