【活動レポート】テーマ:グローバル時代の「英語」『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集』- 海外部読書会



2017年12月 2日 Posted in 活動レポート

テーマ

グローバル時代の「英語」

課題図書

『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集(CNN English Express編集部)』

>『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集(CNN English Express編集部)』リンク

 
今回は、勇気ある少女マララ・ユスフザイさんが16歳で行った国連演説から、ノンネイティブの英語学習法についてお話しました。
マララさんは、祖国パキスタンで女性の教育や平和を訴えたため、2012年に武装勢力タリバンに銃撃され、瀕死の状態から奇跡的に回復。
現在はイギリスを中心に女性や子どもたちが教育を受ける権利を訴えています。
 
globalenglshpic1.jpg
 
マララさんには母国語のアクセント(なまり)がありますが、国連演説ではその素晴らしい内容と熱意で喝采を浴びました。
 
日本人が彼女の英語の話し方から学べることは多くあります。
 
“Weakness, fear and hopelessness died; 
弱さと恐怖と絶望が死に絶え、
strength, power and courage was born.”
強さと力と勇気が生まれたのです。
 
今回は演説の一部を取り上げ、参加者の皆さんと一緒にワークを行いました。
 
・口のまわりの筋肉と発声を鍛える
日本語では普段使わない筋肉を使い、声をしっかり出す練習。
(特にweaknessのwの口の形や、strengthのsなど)
英語らしい発音に必要な筋肉、発声法、鏡の前で簡単にできるエクササイズをご紹介しました。
 
globalenglshpic2.jpg

・音のリズム、高低
ネイティブと全く同じ発音である必要はありません。
英語らしい音のリズム、高低が「伝わる英語」のポイントだからです。
ワークでは、実際に日本語と英語のリズムや音の高低の違いを体感していただきました。
参加者からは、「自分の英語が英語らしく聞こえるようになった」という声も。
 
間違いを恐れない
上のマララさんの文章には文法的な間違いがあります(wasではなくwere)。
間違えても、自信を持って話し、恐れずにトライすることが上達のポイントです。
今回はGood and Newsという身近な出来事を紹介する即興スピーチに挑戦していただきました。
私もイベント当日の朝届いた、アザラシのぬいぐるみについてお話ししました。
 
globalenglshpic3.jpg
 
少人数のアットホームなセミナーでしたが、参加者お一人お一人と向き合い、熱心に練習される姿が印象的でした。
また、会場利用のマナーが素晴らしい方々ばかりで、何かを学ぶ際に「心の姿勢」を正すことも大切だと改めて教えられました。
 
globalenglshpic4.jpg
 
熱心にご参加いただきき有難うございました。
 
参加者アンケートより抜粋
・初めての参加で、90分があっという間でした。ありがとうございます。
・今まであまり意識してこなかった発音について、集中して学習することができました。これからももう一度英語を学び直したいと思うようになりました。ありがとうございます。
・今まで英会話の勉強しかしていなかったので、スピーチについて学べたことは大変有意義に思いました。今後も英語の勉強に役立てたいと思います。
・とても楽しく、口を動かしながら声を出すことができました。机の上で読み書きするだけではない楽しさがありました。ありがとうございます。
 

イベント詳細

テーマ

グローバル時代の「英語」

課題図書

『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集(CNN English Express編集部)』

開催日時

2017年12月02日(土) 13:30 ~ 15:00



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。