【活動レポート】テーマ:怒りと向き合う『「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える(水島広子著)』- 海外部読書会



2015年5月24日 Posted in 活動レポート

テーマ

怒りと向き合う

課題図書

『「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える(水島広子著)』

>『「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える(水島広子著)』リンク


今回は身近な感情である「怒り」を取り上げました。
仕事で、プライベートで、どうしたら怒りをコントロールできるのか?
あの人が怒っているのはなぜ?
身近な事例からラクになる方法を参加者の皆さんと探りました。
 
angermanagement01.jpg
 
怒りとは、外からの刺激に何かの理由で反応している、いわば困っている状態です。
何に対して怒っているのか、一歩引いて考えると怒りの原因が見えてきます。
具体的には課題図書から以下の内容を取り上げました。
 
・「怒り」は心の痛覚であり、対処が必要なサイン
・カチンとくるメカニズム
・評価は相手への暴力であり、自分に毒を盛ること
・「させられている」感覚を減らす
 
angermanagement02.jpg
 
 
自分をねぎらうこと、我慢することをやめること、主体性を持つことで、怒りは減らせます。
また「自分で心の姿勢は決められる」と思うだけでも、ラクになります。
 
怒りによって損なわれるのは自分の人生です!
 
今回の読書会は半分以上が女性の参加者でした。
 
angermanagement03.jpg
 
交流会では海外部らしい光景も。英語も飛び交いました。
 
angermanagement04.jpg
 
 
参加者アンケートより抜粋
 
・ネガティブな感情のテーマなので、日頃他人と話をすることは少ないですが、今回色々な方とお話しできて、それぞれの立場からの考え方を知ることができ発見がありました。また、普段自分の中で考えているだけのことを皆さんに理解してもらえるよう話、アウトプットする機会はとても貴重なので勉強になりました。ありがとうございました。
 
・初めて参加させていただきました。一つのテーマを初めて会った方とディスカッションして有意義な時間となりました。これを機にまた参加しようと思います。
 
・今までは、怒りの感情を持つとイライラして時間を過ごしていましたが、読了後、怒るとその怒りをまず分析するようになりました。その後、自分の感情と行動の持って生き方の選択を冷静にするようになりました。今後、習慣化してもっとラクに生きられるようになりたいです。ありがとうございました。
 
・グループワークの時間が多く、他の参加者からの気づきがたくさんありました。初めて参加しましたが、参加してよかったです。
 
・グループ内の方が怒りを感じた出来事や理由を聞いて、自分が感じる怒りではなく、自分が他者に対して感じさせている怒りについても振り返る良い機会になりました。ありがとうございました。
 
・「怒り」について改めてクローズアップして考える機会は普段少ないので貴重でした。
”これ”という答えはないものの、改めてどうコントロールしていくか考えていこうと思います。
 
・講師の予備知識がすごく役に立ちました。レジュメや説明の仕方がとても分かりやすかったです。
 
・今回の本はとても読みやすく、そして普段の私に直結する怒りについて多々書かれていて興味深かったです。このテーマについて皆さんと考えを交換できたことは自分に新しい対処法を発見させるきっかけとなり、大変ためになりました。ありがとうございました。
 
・グループで話す機会が多く、とても勉強になりました。講師の方も、一人一人思いやった言葉、行動で話しやすい場でした。学びが多く、また参加したいと思います。
 
・どんな時に「怒りを感じるのか」「怒りが生まれたエピソード」を冷静に話すことができる機会はなかなかなく貴重な体験ができました。「怒らないため」「怒りに巻き込まれないために」に対応を他の人がどうされているのか、大変参考になりました。
 
・怒らないために、今まではただ相手に期待しないことをしてきました。読書会に参加して、相手の事情を考えること、これも学びだと思う事、周りを動かして状況を変えるなど、ポジティブな動き方があることを知ることができてよかったです。
 
・一人で考えたり悩んだりするより、いろいろな方からの実体験を含めた考えを聞かせて頂き、視野が広がったように感じます。
 
・怒りのコントロールについて、とても具体的にわかりやすく解説していただき有難うございました。グループワークについても、いろいろな意見が出て、とても楽しく学ばせてもらいました。これからもなるべく読書会に参加させていただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。
 
・「評価すること」→(自分に)毒を盛ることになる、という点が大変勉強になりました。私は人を分析してしまうことがあるので、気を付けようと思います。
 
・皆さん、日常に怒りがあるのだと安心しました!また、怒らない、怒りに巻き込まれないためのアドバイスも色々あったので、実行してみたいと思いました。

 
 

イベント詳細

テーマ

怒りと向き合う

課題図書

『「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える(水島広子著)』

開催日時

2015年05月24日(日) 13:00 ~ 15:00



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。