【活動レポート】テーマ:女性と消費『ウーマン・エコノミー  世界の消費は女性が支配する(M・シルバースタイ ン、K・セイヤー著)』 - 女性限定朝活読書会



2013年5月19日 Posted in 活動レポート

テーマ

女性と消費

課題図書

『ウーマン・エコノミー  世界の消費は女性が支配する(M・シルバースタイ ン、K・セイヤー著)』

>『ウーマン・エコノミー  世界の消費は女性が支配する(M・シルバースタイ ン、K・セイヤー著)』リンク

女性限定朝活読書会 活動レポート
 
テーマ:女性と消費
 
 
・女性は「世界で最も注文の多い消費者」
女性はどのような分野でも「よりよいもの」「もっと効果の高いもの」を追求する厳しい消費者です。一方で消費意欲も高く、世帯消費うち高い割合を決定するのは女性であるというデータが示されています。
 
・6つのライフスタイルパターン
女性の消費にはライフスタイル、ライフステージによって定義される基本パターンがあり、(エリート女性・超多忙主婦・生活エンジョイ派、悠々シニア層、自力生計型、生活圧迫型)女性市場での成功の鍵はこうした層の特性をいかに掴むかにあります。
 
・女性のニーズ 4つのR
認識(recognize)、調査研究(research)、対応(respond)、改良(refine)というポイントを押さえたマーケティングやプロダクトデザインが女性市場では求められます。米国の俳優・テレビ司会者兼プロデューサーである「世界で最も有力な女性」の一人、オプラ・ウィンフリーなどはこうした点を理解して女性の関心を引き付けているよい例です。
 
 
<ディスカッション 女性と消費>
後半は、実際に生活で不満のある分野や商品について自由にお話していただきました。
 
・リラクゼーション系のサービス、施設が増加している。
女性が社会進出して購買力が増し、「自分にごほうび」という考え方が定着したためではないか。
・マンションなどの不動産の間取り 
 いまだに家事の動線が考えられていない。不動産業界は男性社会なので女性の立場からの意見が反映されていないのでは。
・保険商品
 ニーズがあるにもかかわらず十分に保険に関する教育がされていない。無駄のある保険の掛け方をする人が多く、開拓の余地がある。
・教育投資
 向上意欲のある女性が多く、今後も伸びる分野ではないか。
・家事代行・ベビーシッター・クリーニングなどのサービス
近年共働き世帯を中心に需要が伸びているが、サービスに関して十分な情報がない。時間を買えるので便利だが、サービスの使いにくさ、敷居の高さが残る。
 
 
<参加者からのコメント>
・自分と異なる視点の話を聞けて楽しかったです。
・自分だけでは読み飛ばしたり、消化してしまったりする内容もフォロー、解説して下さったのでためになった。講師の方の知識が豊富で勉強になった。
・ひとりでは腰が重くて読まなかった課題図書ですが、このように読書会をして頂くことで読むきっかけになりました。レジュメも役に立ちます。
他の方の意見を聞けるのもよいです。
 
 
転職やスキルアップ、プライベート、家庭など、女性ならではの「もっと」という意欲に満ちた回でした。終了後のハワイアンTsunamiでのランチ会もさらに本音が飛び出すパワーのある集まりとなりました。
 
 私にとっても女性の方々から様々なご意見、視点を頂ける貴重な機会となりました。次回以降も皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 

イベント詳細

テーマ

女性と消費

課題図書

『ウーマン・エコノミー  世界の消費は女性が支配する(M・シルバースタイ ン、K・セイヤー著)』

開催日時

2013年05月19日(日) 10:00 ~ 12:00



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。