【活動レポート】テーマ:意志の力(第二回)『スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)』 - 女性限定朝活読書会



2013年3月17日 Posted in 活動レポート

テーマ

意志の力

課題図書

『スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)』

>『スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)』リンク

女性限定朝活読書会「スタンフォードの自分を変える教室」 

第二回活動レポート 

テーマ:「意志の力」

第一回に引き続き、意志の力を磨くにはどうしたらよいか、ご自身の目標や実際の例にもとづいてお話いただきました。
身近なトピックから意志の力とは何か、どうしたら目標を達成できるのか、様々な意見が交わされました。
女性ならではの悩みに加え、達成できた目標と達成できなかった目標が裏表の関係になったケースも見られました。

(※課題図書の内容につきましては第一回活動レポートをご覧ください。)

<達成できた目標の例>

・ダイエット(家族から高価な置き換えダイエットを買ってもらったため、逃げ道がなく減量につながった)。
・定期的な運動(住んでいる場所の近くにランニングに適した場所があり、自然と足が向かった)。

<達成できなかった目標の例>

・ダイエット(一人暮らしだと誰にも見られていないため、食生活がいいかげんになった)。
・定期的な運動(理由をつけてジムに行かないことが多い) 。

 

<これからの目標>

・食生活を改善する。自炊を増やし、外食や中食でもヘルシーな献立を選ぶ。
・社会人になって勉強時間を確保しにくいので、意識的に増やす。
・部署初の女性の海外赴任
・運動習慣をつける。

 

<目標をどのように達成するか>

・周囲に目標を公表する。食生活を改善するために、一日の食日記をフェイスブックにアップする。内容を公表しようと考えるだけでも、他者の視線を気にして食生活の改善につながる(例:「毎日チョコレートを食べているなんて周りに思われたくない」など)。
・女性の海外赴任経験者のいる部署の人に話を聞き、具体的な目標に対するイメージを持つ。
・勉強している人が多いカフェに行く。周囲が勉強していると自分も勉強しなくては、という気持ちになる(課題図書の「感染した」状態)。また、趣味の本などを持っていくと勉強をせずそちらを読んでしまうので持っていかない。
・運動をしやすい環境を自分を置く。(例:引越しの時に運動施設のそばを探す)

 

今回も希望者の方に約3か月後に目標達成の進捗状況をメールで追跡をすることにしました。後でチェックされるという「他者の視線」を意識することが目標達成の助けになればと思います。

終了後は新宿のベトナム料理のお店でランチ会を開催しました。読書会中では話せなかった裏話が出るなど、こちらも毎回楽しい時間となっております。

 

<参加者アンケートよりコメント抜粋>

・役に立ちました。漠然としていた目標を、なりたい自分をイメージして具体化できました。
・他の方がスキルアップのためにどんなことに取り組んでいるのかを知ることができて、とても刺激になりました。ありがとうございました。

 

イベント詳細

テーマ

意志の力

課題図書

『スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)』

開催日時

2013年03月17日(日) 09:00 ~ 11:00



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。