【活動レポート】テーマ:意志の力『スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)』 - 女性限定朝活読書会



2013年3月 3日 Posted in 活動レポート

テーマ

意志の力

課題図書

『スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)』

>『スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)』リンク

<活動レポート 「意志の力」>

夢をつかむための力である「意志力」とは何か?
どうしたら強化できるのでしょうか?
意志力はストレスと同様身を守るための本能であり、筋肉のように鍛えることができます。
 
この本では生理学的、心理学的な観点から実例を用いて説明しています。
様々な例が挙げられていますが、関心が高かったのは以下の例です。
 
・ダイエットに失敗しても、自分を責めて追い込むより慰めた方が結果的に次の行動が改善される。
・新年の目標を「やったつもり」にする理由についての考察。
目標が達成された「いい気分」に酔い、具体的な努力を怠ってしまう。そしてまた「いい気分」になり新たな目標を立てる行動を繰り返す。
・「シロクマのことだけは考えるな」と言われると、シロクマのことが頭から離れなくなる。「思考」を抑えつけず「行動」を自制することが有効。
 
課題図書のレビューと自己紹介の後、参加者の方々に今まで達成した目標と達成できなかった目標についてお話いただきました。
 
<達成できた目標の例>
志望校に合格した
英語の学習習慣ができた
簿記の勉強グループを作って合格した
ダイエットに成功した
テレビを知人に譲って「テレビ断ち」をした
 
<達成できなかった目標の例>
結婚式までにダイエットができなかった
貯金ができない
婚活が道半ばである
 
<これからの目標>
家事を朝こなす
勉強時間の確保
結婚
体の姿勢を良くする
 
<目標をどのように達成するか>
・楽しくする工夫が必要
・ルーティン化する。課題図書でも述べられているように、努力することを「普通」にすることによって誘惑に負けにくくなる
・人に宣言して、後日チェックしてもらう。そうすると達成しようというモチベーションになる。
 
今回は皆さんに目標を宣言していただいたので、希望者の方に約3か月後にメールで追跡をすることにいたしました。
 
終了後のランチ会にも多くの方がご参加いただき、楽しい交流の場となりました。今回のテーマは馴染みのあるトピックであり、また実際にご自身で抱えている問題意識に関わっているため、参加者がより積極的に発言し、考える機会となりました。
 
<参加者アンケートよりコメント抜粋>
・女性の方と気兼ねなく自身のことについて話し、意見を聞くことができた。
・成功体験、失敗体験などを聞き、自分を振り返ることができた。
自分や本に書かれている以外の考え方を知ることができてよかった。
・買った本が二度楽しめた。
・意志力を鍛えて「自分にもできる方法」で目標を達成したいという気持ちになった。
 
 
 

イベント詳細

テーマ

意志の力

課題図書

『スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)』

開催日時

2013年03月03日(日) 09:00 ~ 11:00



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。