テーマ:今年こそ「伝わる」英語を身につける『セレブたちの卒業式スピーチ 次世代に贈る言葉』- 海外部読書会



2018年2月18日 Posted in イベント Posted in ビジマ海外部勉強会 Posted in 新着記事

テーマ

今年こそ「伝わる」英語を身につける

課題図書

『セレブたちの卒業式スピーチ 次世代に贈る言葉』(CNN English Express編集部)

>『セレブたちの卒業式スピーチ 次世代に贈る言葉』(CNN English Express編集部)リンク

満員御礼。定員になりましたので、募集を締めきらせていただきました。

aphorism_women180218.jpg
 
せっかく新たな年に「英語を学びたい」と決めても、
 
「なかなか勉強が続かない」
「一人では話す練習がしにくい」
「伝わる英語になっていない…」
 
そんなお悩みを抱えている方、実は多いです。
 
有名なスピーチから、楽しく、いきいきとした英語を学びませんか。
 
今回は、『プラダを着た悪魔』の鬼編集長ミランダ役や、アカデミー主演女優賞を獲得した『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』などで知られる、メリル・ストリープのスピーチを取り上げます。
 
 
名スピーチ「生き抜くための演技」 
 
こちらは米ニューヨーク州のバーナード大学で2010年に行われたスピーチです。
俳優として、一人の人間として歩んだ道について、聴衆を巻き込みながら語っています。
 
・かわいい「女子高生」を研究した
・出身の女子大で取り戻した自分
・『プラダを着た悪魔』鬼編集長ミランダ役が男性に人気だった理由
 
大きな発信力を持つ名優、メリル・ストリープの話のコツは何なのか?
彼女のキャリアを辿りながら、いきいきと英語を話すコツについて、ワークショップを通じて学びます。
 
 
「伝わる」英語をスピーチから学ぶ
 
日本人の英語がわかりにくい原因は、アクセントの違い、話の抑揚・リズムの平らさです。
「伝わる」英語を学ぶために、今回は課題図書のスピーチをもとにしたレシテーション(※朗唱とも呼ばれ、発音、抑揚、リズムなどを学ぶメソッド)にトライしていただきます。
 
レシテーションは昨年12月の会でも好評でした。
皆さんの前で実際に口や体を動かし、英語を体得することができるので、
 
「やっと自分の英語が伝わらない理由がわかった」
「英語ってこうやって学べばよいのですね」
「人前で話すって、普段とこんなに違うんですね」
 
といったご感想をいただきました。
 
名スピーチとレシテーションを通じて、伝わる英語を体感してみませんか。
 
アットホームなセミナールームで行う少人数制のイベントです。
参加が初めての方でも安心してご参加いただけます。
 
使用言語は日本語です。また、参加者の英語力は問いません。
男女ともにご参加いただけます。
 
 
<当日のスケジュール>
13時15分 開場・受付開始
13時30分 セミナー開始
13時30分〜 ワークショップ
15時 懇親会(同会場・自由参加)
16時 解散
※会場の関係上、13時15分以前の入場はご遠慮ください。
 
 

満員御礼。定員になりましたので、募集を締めきらせていただきました。

イベント詳細

テーマ

今年こそ「伝わる」英語を身につける

課題図書

『セレブたちの卒業式スピーチ 次世代に贈る言葉』(CNN English Express編集部)

開催日時

2018年02月18日(日) 13:30 ~ 15:00

定員

10名

参加費用

3000円(ドリンク・お菓子付き)

講師・発表者

講師:竹田  綾夏(キャリアハピネス協会代表)
米国の州立大学で講師・チューターとして勤務 (社会学、英語教育)。社会学修士 (首席)、英語第二言語教育修士 (MATESL)、経営学修士 (MBA)。
『はじめての人でも折れない心で身につく英語学習法』セルバ出版(2016)、日本経営協会 ビジネススキルマスターコース (2014) 『ロジカル・プレゼンテーション』執筆。世界142カ国以上に支部のあるスピーチクラブ「国際トーストマスターズ」会員。

会場

新宿ダイカンプラザA館1109号室 Greenroom

会場住所

東京都新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館1109号室

会場地図

満員御礼。定員になりましたので、募集を締めきらせていただきました。



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。