テーマ:グローバル時代の「英語」『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集』- 海外部読書会



2017年12月 2日 Posted in イベント Posted in ビジマ海外部勉強会 Posted in 新着記事

テーマ

グローバル時代の「英語」

課題図書

『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集(CNN English Express編集部)』

>『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集(CNN English Express編集部)』リンク

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

aphorism_women171202.png
 
英語を母国語としない人(非ネイティブ)の数が、英語を母国語とする人(ネイティブ)人口よりも多いといわれています。
大多数が英語非ネイティブの中で英語を話し、ビジネスをする機会も増えつつあります。
 
英語が母国語でない日本人は、どんな英語を学べばよいのか?
 
今回はパキスタン出身で、タリバンによる銃撃事件ののち、国連演説をはじめとした女性の教育に関する権利を訴えるマララ・ユスフザイ氏の英語を取り上げます。
 
課題図書には国連演説だけでなく、銃撃事件前の貴重なインタビューや、彼女のお父さんが同席したインタビューも収録されています。
 
なぜノンネイティブの英語から学ぶのか?
 
これまで教材用の英語には、ネイティブの音声が用いられることがほとんどでした。
マララさんの英語はパキスタンのアクセント(なまり)があります。
しかし、マララさんの堂々とした演説は聴衆に受け入れられ、喝采を浴びました。
また、細かい文法上のミスはあったものの、英語としてコミュニケーションが成立していたことに注目します。
相手に「伝わる」英語には何が必要か、課題図書をもとに皆さんと意見交換をします。
 
日本人が「伝わる」英語を話すポイント?
日本人独特のアクセント、話の抑揚やリズムの平らさが、日本人の英語がわかりにくいといわれる大きな原因です。
より「伝わる」英語を学ぶために、今回はレシテーション(朗唱)の練習をします。
レシテーションは、発音、抑揚、などを学ぶために英語の授業や英語学校で使われているメソッドです。
レシテーションのコツや、注意するポイントをお伝えし、皆さんの前で話す実践の場を設けます。
 
アットホームなセミナールームで行う少人数制のイベントです。
参加が初めての方でも安心してご参加いただけます。
 
使用言語は日本語です。また、参加者の英語力は問いません。
男女ともにご参加いただけます。
 
 
<タイムテーブル>
13時15分 開場・受付開始
13時30分 セミナー開始
13時30分〜 ワークショップ
15時 懇親会(同会場・自由参加)
16時 解散
※会場の関係上、13時15分以前の入場はご遠慮ください。
 

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

イベント詳細

テーマ

グローバル時代の「英語」

課題図書

『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集(CNN English Express編集部)』

開催日時

2017年12月02日(土) 13:30 ~ 15:00

定員

16名

参加費用

3000円(ドリンク・お菓子付き)

講師・発表者

講師:竹田  綾夏(キャリアハピネス協会代表)
米国の州立大学で講師・チューターとして勤務 (社会学、英語教育)。社会学修士 (首席)、英語第二言語教育修士 (MATESL)、経営学修士 (MBA)。
『はじめての人でも折れない心で身につく英語学習法』セルバ出版(2016)、日本経営協会 ビジネススキルマスターコース (2014) 『ロジカル・プレゼンテーション』執筆。世界142カ国以上に支部のあるスピーチクラブ「国際トーストマスターズ」会員。

会場

新宿ダイカンプラザA館1109号室 Greenroom

会場住所

東京都新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館1109号室

会場地図

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。