テーマ:日本の女性と働き方 『女たちのサバイバル作戦(上野千鶴子著)』- 海外部読書会



2014年2月16日 Posted in イベント Posted in ビジマ海外部勉強会 Posted in 新着記事

テーマ

日本の女性と働き方

課題図書

『女たちのサバイバル作戦(上野千鶴子著)』

>『女たちのサバイバル作戦(上野千鶴子著)』リンク

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

aphorism_kaigai140216.jpg
 
 
今回は、「日本の女性と働き方」がテーマです。
女性だけでなく、男性の参加も歓迎です。
 
日本女性の労働や働き方について、これまでの著者の研究をコンパクトにまとめた一冊です。女性の働き方について、一般論から一歩踏み込んだ議論に関心のある方におすすめです。
 
著者の主張には賛否がありますが、この四十年の日本女性を取り巻く状況を状況の変化について、
 
1986年の雇用機会均等法施行後も男性中心の職場環境は変わらず、女性は脱落したら「自己責任」。総合職も、一般職も、派遣社員の女性は追いつめられても手をとりあえない社会になってしまった
 
と一喝しています。
 
この本では「ネオリベラリズム(ネオリベ)」というキーワードを使って現在の女性の労働をめぐる状況を説明しています。ネオリベとは、市場での競争を制約する規制を緩和し、勝者は報酬を受け、敗者は退場する主義を意味します。
 
ネオリベ路線であった「小泉改革」は、90年代以降のグローバリゼーションへ適応するための戦略でした。その結果、移民労働力が流入しなかった日本社会では、「労働市場において女性が外国人労働者が就くような職種についた」としています。
 
さらに、少子化が進んだ今、働く女性に「産めよ、増やせよ、働けよ」という政策はあくまで労働力不足解消のためであり、それに伴うべき保育所などの子供のための福祉政策は二の次に追いやられている、という厳しい指摘をしています。
 
この他にも「少子化」「おひとりさま」などのキーワードをもとに、女性の働き方から日本の社会を鋭く分析しています。
専門用語は出てきますが、働く女性には非常に身近な内容を扱う本です。
また、非正規雇用や非婚化など男女ともに関係あるトピックも盛り込まれていますので、男性の方も歓迎いたします。
 
 
 
【当日のスケジュール】
 
13:00 受付開始
13:15  読書会開始 課題図書解説
14:15  グループワーク
15:15  懇親会開始(無料 自由参加 会場移動なし)
16:00  解散

 

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

イベント詳細

テーマ

日本の女性と働き方

課題図書

『女たちのサバイバル作戦(上野千鶴子著)』

開催日時

2014年02月16日(日) 13:00 ~ 15:00

定員

24名

参加費用

2000円 (懇親会費はサービスで無料にしております) 懇親会参加の方は、ぜひ名刺をお持ちください。

講師・発表者

竹田  綾夏(ビジマ海外部担当  ESLライティングセンター代表  米国Oklahoma State University 社会学および英語教育修士号)

会場

コネクト渋谷  Room D (渋谷駅徒歩5分)
コネクト渋谷

会場住所

渋谷区渋谷3-6-2 エクラート渋谷ビル5F

会場地図

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。