テーマ:ビジネスライティング『入門 考える技術・書く技術(山崎康司著)』- 海外部読書会



2013年11月10日 Posted in イベント Posted in ビジマ海外部勉強会 Posted in 新着記事

テーマ

テーマ:ビジネスライティング

課題図書

『入門 考える技術・書く技術(山崎康司著)』

>『入門 考える技術・書く技術(山崎康司著)』リンク

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

aphorism_women131110.jpg
 
 
ベストセラー『考える技術 書く技術』を翻訳し企業研修を行ってきた著者による日本人向け入門書です。
 
「『考える技術・書く技術』を読みたいけど敷居が高い」
「書き方やロジカル・シンキングの基礎を学びたい」
「ビジネス文書やEメールがまとまらなくて困っている」
「これから長い文章を書く予定がある」
 
今回は明日から使えるライティングの技術の基礎を学びます。
ビジネスライティングを学ぶのは初めての方も大歓迎です。
 
バーバラ・ミント氏による文章のピラミッド原則(※ピラミッド構造を作り文章の整合性、論理性を確認する技法)は広く知られ、コンサルティング会社や企業研修で多く用いられてきました。
しかし、日本語特有の「落とし穴」が論理的な思考に影響していることはあまり知られていません。
『入門 考える技術・書く技術』では英語を基にしたビジネスライティングの技術を英語非ネイティブにわかりやすく解説しています。
 
この本では日本語の「落とし穴」から抜け出す方法が紹介されています。
 
・「しりてが」接続詞をを排除する
・「あいまい言葉」は使わない
・主語を明確にする
 
例えば、「が」はandにもbutにも使われる厄介な接続詞です。
普段意識せずに使っている日本語が、ビジネスライティングの邪魔していませんか?
 
さらに読書会ではバーバラ・ミント氏のピラミッド原則の基礎もご紹介します。
上のような日本語特有の落とし穴に陥ると、ピラミッド構造を作ってもうまく全体がまとまりません。『考える技術・書く技術』を読まれた方も実際に試してみて困ったことはないでしょうか。
読書会の後半ではピラミッド原則のワークも取り入れる予定です。
 
ライティングの技術を磨いて一歩進んだビジネスパーソンになれる一冊です。
 
 
当読書会は男女ともに参加可能です。
 

 

【当日のスケジュール】

13:00~:課題図書解説+主催者によるコメント
13:30~:自己紹介、課題図書に関する議論、グループワーク
15:00  :読書会終了 引き続き懇親会(会場移動・追加費用なし)
16:00  :解散

 

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

イベント詳細

テーマ

テーマ:ビジネスライティング

課題図書

『入門 考える技術・書く技術(山崎康司著)』

開催日時

2013年11月10日(日) 13:00 ~ 15:00

定員

40名

参加費用

2000円(懇親会費用は無料)

講師・発表者

竹田  綾夏(ビジマ海外部担当  ESLライティングセンター代表  米国Oklahoma State University 社会学および英語教育修士号)

会場

TKPスター貸会議室四谷第一

会場住所

TKPスター貸会議室四谷第一
東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 302号室
(JR中央線・総武線「四ツ谷駅」四谷口徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」徒歩2分)

会場地図

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。