テーマ:仕事と人生を飛躍させる『サーチ・インサイド・ユアセルフ(チャディー・メン・タン著)』- 海外部読書会



2016年7月 3日 Posted in イベント Posted in ビジマ海外部勉強会 Posted in 新着記事

テーマ

仕事と人生を飛躍させる

課題図書

『サーチ・インサイド・ユアセルフ(チャディー・メン・タン著)』

>『サーチ・インサイド・ユアセルフ(チャディー・メン・タン著)』リンク

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

aphorism_women160730.jpg

今回のテーマは「仕事と人生を飛躍させる」
ビジマ海外部で2年前に扱った『サーチ・インサイド・ユアセルフ』を、新訳で再度取り上げます(旧タイトル『サーチ!』)。
 
グーグル社と元フェローであった著者が独自に開発した社員研修プログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」。『EQ こころの知能指数』のダニエル・ゴールマン氏も協力したメンタルトレーニングは、SAP、アメリカン・エキスプレス、LinkedInなどの有力企業で次々と採用されています。
 
プログラムの最大の特徴は、目の前にある現実を平静に見つめる「マインドフルネス」。
仏教思想にもとづいた瞑想法を通じて、自己認識力、創造性、人間関係力を高める大きなメリットが得られます。
 
<マインドフルネスの具体的な効果>
「怒りに流されなくなる」
「建設的な提案ができる」
「相手の信頼を得られる」
「ネガティブな感情に落ち込まなくなる」
 
マインドフルネスはリーダーシップ開発にも有効で、
「以前より部下を怒鳴らなくなった」
「心を落ち着けてプレゼンができるようになった」
という声も取り上げられています。
 
しかも、一呼吸、日常の歩行からできるエクササイズは、すぐに実践可能です。
マインドフルネスは目に見える成果につながるでなく、自分の心の平穏、周りの人達の平和にも貢献する、まさに「心のトレーニング」ともいえる技法です。
 
座禅や瞑想に関する本は数多くありますが、1分でできるものから高度なものまで、ユーモアを交えてわかりやすく紹介する本書は、実践バイブル、入門書として優れています。
 
本当に人はそこまで変わることができるのか?
実際に試してみることで、効果を知ることができます。
 
グループワーク、個人ワークを通じて、「心の整え方」を実践してみませんか。
 
※医療スタッフの同席はございません。健康上の不安がある方は自己責任でのご参加をお願い致します。
 
講師:竹田  綾夏(キャリアハピネス協会代表)
米国の州立大学で講師・チューターとして勤務 (社会学、英語教育)。社会学修士 (MS Sociology, Phi Kappa Phi)、英語第二言語教育修士 (MATESL)、経営学修士 (MBA)。
日本経営協会 ビジネススキルマスターコース (2014) 『ロジカル・プレゼンテーション』執筆

 
【当日のスケジュール】
13:00  開場
13:10〜:読書会・グループワーク
15:00〜:懇親会・交流会(参加費無料、会場移動なし)
16:00:解散
 

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

イベント詳細

テーマ

仕事と人生を飛躍させる

課題図書

『サーチ・インサイド・ユアセルフ(チャディー・メン・タン著)』

開催日時

2016年07月03日(日) 13:10 ~ 15:00

定員

52名

参加費用

2000円(早割・開催2週間前まで)
2500円(直前・割引なし)

講師・発表者

講師:竹田  綾夏(キャリアハピネス協会代表)
米国の州立大学で講師・チューターとして勤務 (社会学、英語教育)。社会学修士 (MS Sociology, Phi Kappa Phi)、英語第二言語教育修士 (MATESL)、経営学修士 (MBA)。
日本経営協会 ビジネススキルマスターコース (2014) 『ロジカル・プレゼンテーション』執筆

会場

NATULUCK茅場町3階大会議室

会場住所

東京都中央区日本橋兜町12−7
東京メトロ東西線「茅場町駅」12番出口 徒歩30秒
東京メトロ銀座線・都営浅草線「日本橋駅」D1出口 徒歩3分
JR「東京駅」日本橋口 徒歩10分

会場地図

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。