シーバスロッド シマノ 誕生日/お祝い SHIMANO フリーゲーム 39358 S96M XT 10984円 シーバスロッド シマノ(SHIMANO) フリーゲーム XT S96M 39358 スポーツ・アウトドア フィッシング ロッド・竿 シーバスロッド,XT,39358,フリーゲーム,10984円,スポーツ・アウトドア , フィッシング , ロッド・竿,シマノ(SHIMANO),/indigenousness3962184.html,S96M,bizima.jp シーバスロッド,XT,39358,フリーゲーム,10984円,スポーツ・アウトドア , フィッシング , ロッド・竿,シマノ(SHIMANO),/indigenousness3962184.html,S96M,bizima.jp シーバスロッド シマノ 誕生日/お祝い SHIMANO フリーゲーム 39358 S96M XT 10984円 シーバスロッド シマノ(SHIMANO) フリーゲーム XT S96M 39358 スポーツ・アウトドア フィッシング ロッド・竿

シーバスロッド シマノ 誕生日 公式サイト お祝い SHIMANO フリーゲーム 39358 S96M XT

シーバスロッド シマノ(SHIMANO) フリーゲーム XT S96M 39358

10984円

シーバスロッド シマノ(SHIMANO) フリーゲーム XT S96M 39358





※納期表示のご説明
仕様/規格
●全長(m):2.90
●継数(本):6
●仕舞寸法(cm):54.6
●自重(g):160
●先径(mm):1.8
●キャストウェイト(g):8~40
●錘負荷(号):10~30
●適合ラインPE(号):0.5~1.5
●適合ラインナイロン(lb):6~16
●リールシート位置(mm):406※U
●※U(アップロック):竿尻からリールシート前部固定フードまでの長さです。
●カーボン含有率(%):94.9
メーカー品番
39358
商品説明
●パック&トラベルロッドの概念を変えるシマノの挑戦。フリーゲームXTはパック&トラベルロッドにおける様々な弱点を克服した、ショアスタイルの本格マルチピースロッド。ブランクスにはシマノが誇るハイパワーXを搭載。継数の多さにより重くダレがちになるブランクスに張りをもたせ、シャープな振り感を実現しました。また、フリーゲームXTでは、あえて並継を採用。これにより強靭なバットパワーを獲得。振出に比べガイド設定の自由度も高く、より優れたパフォーマンスを生み出すことにつながっています。もちろん、パック&トラベルロッドならではの携行性と使いやすさもとことん追求。仕舞寸法は国内航空機の機内持ち込み可能サイズである60cm未満に設定、大きめのスーツケースであれば十分に収納可能です。さらに、ティップ部のピースは他のピースよりやや短く設定。二分割、三分割にして携行する際に生じる、ティップ部の破損を防ぎます。ソルトのショアゲームを前提に、パワーを生かしたショアジギングにまで対応する6アイテムをラインナップしました。
関連ワード
●釣り具 釣具 つり具 釣竿 釣り竿 スズキ
■良くあるご質問
Q.(重量が表記されていない)ロッドの重量を知りたいのですが・・・まず、ロッドは同じ製品でも表面の塗装の量やガイドやグリップ部を接着している樹脂の量で重さが数グラム単位で変動することをご理解下さい。これは市販されているロッドの塗装工程や組み立て工程のほとんどがクラフトマンによる手作業で行なわれているためで、全ての製品を同じ重さにすることが不可能だからです。

そのため、メーカーの公表しているロッドの重量は標準自重(生産されたロッドの平均重量)または設計自重(プロトタイプ完成時の重量)となっております。

当店ではメーカー公表値のあるものに関しては仕様規格欄に記載しておりますが、メーカー公表されていないロッド(特に低価格商品)に関してはお答えいたしかねる場合がございますが、予めご了承願います。

しかしながら、重くて釣りにならないロッドは当店では
取り扱い致しておりませんのでご安心くださいませ。
Q.リールとロッドの適合確認は出来ますか?同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。
リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。

ジャンル識別情報:/g1001/g204/g302/m002/

シーバスロッド シマノ(SHIMANO) フリーゲーム XT S96M 39358

海外ドラマ大好きな「韓ドラおばさん」のドラマレビューです。自分なりのあらすじ(ネタバレ多し)や感想を語りたくてこのブログを始めました。 レビューは「フィクション」に対する感想です。どうぞ誤解のなきように

    《他にこんな記事も書いています♪》