【活動レポート】わくわく著者イベント『ヒットの正体 1億人を動かす「潜在ニーズ」の見つけ方』の著者の山本康博さんとのスペシャル読書会!



2014年6月21日 Posted in 活動レポート

テーマ

ヒット商品の作り方

課題図書

『ヒットの正体 1億人を動かす「潜在ニーズ」の見つけ方(山本康博 著)』

>『ヒットの正体 1億人を動かす「潜在ニーズ」の見つけ方(山本康博 著)』リンク

6月21日(土)に、わくわく著者イベントとして、『ヒットの正体 1億人を動かす「潜在ニーズ」の見つけ方』を課題図書に、著者の山本康博さんをお呼びして、読書会を開催しました。

 

↓写真の下に続きます

hitnosyoutai01.JPG

 

hitnosyoutai02.JPG

 
今回のイベントで印象的だったのは、なんといっても著者の山本さんのエネルギーと、参加者を楽しませたいという熱意!
 
イベントに参加した方にしか分からない、プレゼンテーションの仕掛けや、チラ見せ情報など盛り沢山でした。
 
数々のヒットを生み出してきた山本さんの、著者に書かれているの一つ一つのノウハウはもちろんのこと、
それを、どのように実践してきたのかというイメージが、ありありと伝わってきます。
 
特に質問タイムは盛り上がり、著書には詳しく書かれていない学びのポイントや、自分憲法の話。
はたまた、日本全体のマーケティングにまで話が広がりました。
 
ワークの時間は、
前半戦は、著書にも入っている「お助けシート」を実際に山本さんのアドバイスのもと皆さんに体験してもらいました。
後半戦は、チームごとに一つのテーマを選んでもらって、テーマに潜んでいるたくさんの文句の中から潜在的ニーズをつかみとってもらうワークを行いました。
 
ワーク以外にも、プレゼントありのじゃんけん大会や、おみやげ。
読書会後の懇親会は、時間になっても皆さんなかなか帰りたがらないなど、充実の3時間でした。
 
著者の山本さん、参加者の皆さんありがとうございました!
 
 
 
↓参加者の声の下に、写真もたくさん掲載しています。
 
【参加者の声(本日のグッときたONE!)】
 
・M・Aさん
山本先生のおもしろい講演が良かったです!!聞くだけでなく、ワークで実践することは大切と思うので、それも良かったです!!
 
・K・Yさん
初めて、著者が講演するイベントに参加しました。著者の生の声が聞け、とても勉強になりました。
 
・K・Rさん
初参加です。本を読むだけでは感じることができない体験でした。また参加したいです。ありがとうございました。
 
・M・Aさん
とても楽しい講演とワークでした。ありがとうございました。マーケティングもコミュニケーション。相手のことを考えることがスタートになるのかな、と考えることができました。bizimaの企画に参加させていただくのはこれで4回目くらいになりますが、異なる趣向のイベントや本の選定に感激しています。
 
 ・O・Eさん
 現在行き詰まっている中で山本先生のお話を聴くことで目が覚めたように感じました。自分に自分の憲法を課すという点は早速実行します。参加できて本当によかったです。ありがとうございました。
 
 ・K・Kさん
 山本さんの話し方が上手で楽しく参加できました。
 
 ・K・Yさん
 文句がヒットをつくる。ヒットは文句から成ること。
 
 ・M・Tさん
 山本さんの話し方がとても上手で楽しかったです。もっと個人的な経験談を聞いてみたいと思いました。
 
 ・A・Hさん
 山本先生の話が面白かった。非常に有意義な時間でした。色々な物の見方があると改めて気付かされました。
 
 ・T・Yさん
 本で読んだ内容を改めて深く理解することができました!新入社員ながらこれからもっともっと学びたいという意欲が湧きました。貴重な機会をありがとうございました。
 
 ・S・Sさん
 マーケティングに関わるテーマだったので不安でしたが、シンプルに考えることの大切さ、色々な体験・経験を積むことの重要性に気付けてとても有意義でした。
 
 ・W・Mさん
 シンプルですがやりぬく力をもらったような講演でした。自分のブレない意思というのは大事だと思いますが「どこを向いて仕事をするか」というのは改めて今の自分が仕事をする上で省みるべきことだと思いました。メーカーに勤務しているものとして、日本を元気にする、会社を元気にする力を自分自身が少しでも与えられたらなと思えるくらい楽しい講演とワークでした。ありがとうございました。
 
 ・S・Sさん
 転職先でマーケティング知識があれば仕事をさらに充実させられると思い参加させていただきました。マーケティングについては全く無学でしたが、具体的プロセスがイメージできて大変勉強になりました。またワークショップによりアウトプット作業もできたので非常に為になりました。bizimaの他の回にも参加させていただこうと思います。ありがとうございました。
 
 ・W・Hさん
 山本さんの話がさすがでした。
 
 ・M・Nさん
 自分憲法をつくること!!考えや信念を曲げずに仕事や生活をしていく上で必要だと思いました。帰ってじっくり考えようと思います。
 
 ・K・Tさん
 初参加で、かつ学生ですがとても楽しく有意義なものになりました。テーマが社会人向けだったのでグループワークなどついていけるか心配になっていましたが、グループメンバーの皆さんの助けもあり、多くのことを学ばせてもらいました。ありがとうございました。
 
 ・T・Hさん
 著者に直にお話を伺えたことが最も良かったです。山本さんの話し方や全てが、本に書かれていたメソッドが土台にあると感じられました。その空気を肌で感じられたことが良い体験になりました。元気を頂きました。今メーカーの企画部に勤務していて、苦労する事が多いですが、負けてはいけないと講演にパワーを頂きました。ありがとうございました。
 
 ・K・Sさん
 このような勉強会への参加は初めてでしたが山本先生の講演は面白く、グループワークも様々な意見を聞くことができ、楽しく刺激になる時間を得られました。ありがとうございました。
 
 ・M・Hさん
 自分の憲法を作ろうと思いました!ありがとうございました。
 
 ・I・Dさん
 マーケティングに関して詳しく知らなかったのですが、簡単に説明していただいたおかげでとてもよく理解できました。さらに勉強を進めていきたいと思います。
 
 ・I・Yさん
 文句をつけることがヒット商品をつくるときの秘訣。口コミ、SNS広報の方がつかえる。人を喜ばせたいと思うことがマーケットにつながる。
 
 ・N・Tさん
 著者のトークが面白く、非常に有意義な時間でした。ワークのヒット番付商品の分析では、「そういう考え方もあるのか!」という考えが、チームの皆様と共有でき、刺激的でした。
 
 ・K・Eさん
 明るくはきはきした山本先生のお話はすごくおもしろかったです。山本先生自身がブランドだと感じました。
 
 ・I・Mさん
 今回はこのような機会を頂き、ありがとうございました。現在マーケティングとは異なる仕事をしているため、マーケティングそのものにふれる機会をつかもうと思い、参加いたしました。学生時代マーケティングの授業では成績が低く、マーケティングに難しいイメージがありましたが、今やっとからくりを理解できたような気がします。ありがとうございました。
 
 ・K・Rさん
 ヒット商品をネガティブ要素(不満)で分解するのは面白かった。自分自身の不満だけでなく、人は周囲の人の不満を日常的に浴びていて、それがどんどん湧き出てくることに驚いた。不満というネガティブ要素が「ヒット商品」をつくることを目的にした途端、ポジティブなものに変わった気がした。
 
 ・M・Hさん
 様々な業種、年代の方々と交流できました。自分の固定概念などから脱却できる良い機会でした。マーケティングは個々の身近な部分にも適応できる。それを行うことで自分自身の価値を高められそうで、人生が豊かで面白いものになるのではないかと感じた。
 
 ・M・Kさん
 bizima山田代表、今日も大変に勉強になりました。ありがとうございます。山本先生の話はスーと入ってきました。特に日本のメーカーへのメッセージに先生の思いを見たように思います。感性を大事に、そしてよりブラッシュアップできれば、私の目標に近づくことができます。ありがとうございました。
 
 ・S・Hさん
 私は営業2年目の24歳です。山本先生のお話を聞くことができ、一つ成長できたと感じました。宝は何枚もの壁の向こう側にあり、リスクを負わなければつかむことができないという言葉に感動いたしました。私自身仕事で壁にぶつかっており、うまくいっていませんでした。その言葉を聞き、トップ営業マンになるための一歩だと前向きに考えることができました。ありがとうございました。
 
 ・I・Yさん
 本ももちろん読みやすくおもしろかったですが、実際に著者のお話をきき、グループワークをすることでより納得できたと思います。普段でしたら、なかなか本に書いてあることも実際に取り組むことはあまりないのですが、ワークでやってみて納得できたので、自分自身でもやってみようと思いました。
 
 ・K・Sさん
 仕事への向き合い方が重要と感じました。
 
・K・Mさん
山本さんの基本的な仕事に対するスタンスに共感したので、bizimaに参加して、直接お話を聞けてよかったです。グループワークもよかったです。
 
・T・Gさん
とても実践的なワークで、楽しく勉強できました。ワークを通じて自分に足りないものに少し気付けたように思います。
 
・H・Mさん
今回初めて参加させていただきましたが、ひとつのテーマで様々な属性の方と議論をすることがとても刺激になりました。また次回も参加させていただきます。
 
・K・Mさん
大変な有意義な時間でした。本を読むだけでも参考になることが沢山ありましたが、実際にグループワークを行うことで理解がさらに深まりました。また自分でも会社でもやってみたいと思いました。
 
・A・Kさん
「できない」をできるようにしたら前人未到、という考え方が最もグッときました!
 
・N・Sさん
実際の経験にもとづいたお話が多く、分かりやすかったです。明日にでも実行できそうなことだったので、すごく理解が深まりました。ありがとうございました。
 
・Y・Yさん
本を読むだけでは理解しきれなかったことをワークという形で学べたので理解が大きかったです。山本先生のお話をきけてよかったです。
 
・H・Hさん
山本先生のお話はひきつけられるものがあり面白かったです。グループワークも良かったですが、もう少し長くお話が聞きたかったです。
 
・K・Aさん
本を読んだ後よりも実際に話を聴くことでより理解が深まりました。私も妥協せずに仕事(製品開発)に取り組みます。
 
・T・Rさん
本の中に「メールで済むような事でも直接会うと、その場にいないと分からないことを感じることができる」というニュアンスの表現がありました。bizima読書会もその通りで、活字の中から自分が感じたことを強くインプットできる良い学習の場だと思います。貴重な体験ができてうれしく思います。どうもありがとうございました。
 
・M・Tさん
熱い山本先生のお話はとてもインパクトがありました。ビジネスにとても役立つ視点を学ばせていただきました。ありがとうございました。
 
・N・Tさん
山本先生のワークは実践的で楽しかったです。日頃メーカーの方との接点が無いので新鮮でした。頭やわらかくしないと、と思いました。
 
・O・Kさん
文句と不平不満はちがう。文句に注目するとは、なるほどです。
 
・S・Tさん
先生の商品を生むという熱意を感じられ、楽しかったです。どうもありがとうございました。
 
・N・Kさん
勢いのあるプレゼン、山本先生ありがとうございました。異業種の方々との交流は視点が異なり、新たな気付きを与えてくれます。
 
・K・Hさん
本を読むと「なるほど」で終わっていたと思いますが、山本先生のリアルな話を聞き、ワークを行うことによって知識が深く身についたように思います。またマーケティングの本は読んで満足して終わりになることが多いのですが、日常生活の中でもできるワークを教えてくださって、今後のアクションにつなげることができました。休日の時間を割いてでも来てよかったと心から思いました。
 
・Y・Yさん
同じマーケティングの仕事をしているので、非常に参考になった。
 
・S・Rさん
山本先生のプレゼンは本当に面白かったです。特にワークは自分が今後何かをやる時に役に立つと思いました。さらっと本を読んで参加したので、読み返したいと思います。
 
・O・Mさん
本の理解が5倍深まりました。山本先生がおっしゃった通り、「リアル」や「体感」を大事にすることに共感しました。ありがとうございました。
 
・K・Sさん
一番印象に残ったことはスキルや知識だけでなく日々の行動、考え方がヒット商品を生み出していることです。日々色々なことを感じながら過ごすこと、自分らしく生きることが大事だと思った。

 

hitnosyoutai03.JPG

 

hitnosyoutai04.JPG

 

hitnosyoutai05.JPG

 

hitnosyoutai06.JPG

 

hitnosyoutai07.JPG

 

hitnosyoutai08.JPG

 

hitnosyoutai09.JPG

 

hitnosyoutai10.JPG

 

hitnosyoutai11.JPG

 

hitnosyoutai12.JPG

 

hitnosyoutai13.JPG

 

hitnosyoutai16.JPG

勉強会・読書会詳細

テーマ

ヒット商品の作り方

課題図書

『ヒットの正体 1億人を動かす「潜在ニーズ」の見つけ方(山本康博 著)』

開催日時

2014年06月21日(土) 17:00 ~ 19:10



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。



?