【活動レポート】テーマ:統計学入門『統計学が最強の学問である (西内啓著)』ビジネス読書会



2013年5月25日 Posted in 活動レポート

テーマ

統計学入門

課題図書

『統計学が最強の学問である (西内啓著)』

>『統計学が最強の学問である (西内啓著)』リンク

5月25日は「統計学入門」というテーマで、
統計学について専門知識がなくても楽しく勉強できる読書会を開催しました。
課題図書は、『統計学が最強の学問である (西内啓著)』です。

 

↓写真の下に続きます

toukei130525_02.JPG

toukei130525_01.JPG

 

 
さすがに、カイ二乗検定、重回帰分析、計量経済学などの専門知識に突っ込んでも初学者にはしんどい!ということで、
今回は、課題図書の後半の内容を難しいと感じた方のことも意識しながら、参加者の皆さんで楽しくワークを進めれられるように意識しました。
 
最初の発表では、「統計の知識」と言うよりは、
ビジネスの側面で、統計データをどのように使って実績を出すのか。同じ情報でも見せ方一つでどれだけ有益な情報を得ることができるのかというのを、私の方からお話させていただきました。
 
具体的には、このホームページ(bizima公式サイト)に来ている皆さんのデータを、どのように運営者はデータとして取得することができるのか。
また、情報をどのように見ることで、運営に活かしているのか、実際のアクセス解析のデータを見ながら話してみました。
 
その他、有名な統計家「ハンス・ロスリング」のプレゼンテーション動画を観てもらうなど、パワフルな統計の力を体感してもらいました。
 
ワークでは、参加者にチームに分かれてもらい、「もし自由に統計データと統計学の技術を使いこなせたら、どんなビジネスを生み出したり、社会へのインパクトを与えることができるのか」ということで、アイデアを出してもらいました。
 
・店舗を回遊して買うまでの直前のデータを分析して、前代未聞のマーケティングデータを手に入れる。
・労働に関するデータを取得して、世の中から過労死をなくせる。
・私たちが日常のことも相談できる、気軽に使える統計コンサルトが普及して便利になる。
・似たような服を来ている人が近くに来たら、アラートがなる仕組み。(ファッションのバッティング防止)
・統計データの活用で、道路情報、健康情報を分析した交通事故対策。
・いじめの問題の根絶。
 
など、様々なアイデアが出て議論が盛り上がりました。
 
統計の力に期待はすれど、その力は、良い側面にも悪い側面にも利用しうるものなので、ユニークなアイデアが出れば出るほど、そのデータを利用する個人や組織の倫理が問われる必用があるのを強く感じました。
 
統計というと、とにかく難しいイメージがありますが、今回の勉強会で、実際には幅広い様々な見方や使い方、表現があることを味わっていただければ嬉しいです。
統計が今までよりも身近なものになることを願っています。

 

 

↓参加者の声の下に、写真もたくさん掲載しています。

【参加者の声(本日のグッときたONE!)】
 
・T・Sさん
ビジネスのアイディアの考え方がわかったような気がしました。ワークの「統計の分野」「何でも情報が得られるなら?」というキーワードと問いで、どんどんアイディアが広がるんだなと感じました。実践できそうなアイディアもたくさんあって楽しかったです。そして皆さんの発表を聴いて瞬時にアイディアを考えつく山田代表が本当にすごくて驚きました。コツがききたいです。
 
・B・Yさん
異業種の方とお話する機会が少ないので、こういう会でディスカッションすると色々な意見が聞けて楽しいです。課題本があると普段とは違った本を読む機会となるので良いです。
 
・K・Hさん
業務でデータ解析を行い始めたこともあり、統計には興味があった。今回初めて参加させていただいたが、非常に楽しく参加者の皆様と話ができた。
 
・M・Tさん
課題図書解説で使用されたTEDのプレゼンテーションが非常に印象的でした。一目見て相手の長期記憶に残るスライドとしゃべり、その根底にあるデータ分析のセンスなど、とても刺激的でした。また、近い問題意識を共有できる人達と話ができて、非常に楽しかったです。ありがとうございました。
 
・K・Rさん
グループワーク後の各チームの発表内容が、バラエティに富んでいて面白かったです。主宰の山田さんが名ファシリテーターで、上手く分かりやすく各チームの内容をまとめて一言コメントをつけていたので、理解を深められました。
 
・K・Yさん
様々な職種や年齢の異なる方と一冊の本について話し合うことで、自分一人では気付けない新たな視点を持てました。「へぇ」と思うような話ばかりで少し賢くなれた気がしました。
 
・S・Rさん
本日はありがとうございました。メーカーで商品開発をしていますが、クリエイターの思いや年長者の経験をベースに商品が出来てしまうことを心苦しく思っていました。何とか自分で統計データを元に説得をしたかったので、今回の課題図書とワークショップは大変参考になりました。また機会があったらぜひ参加したいです。
 
・K・Hさん
会場のHUB Tokyoに初めて来ました。とても良い雰囲気だなと思いました。
 
・Y・Kさん
様々な意見に触れることが出来たのが大変勉強になりました。一緒に話し合った人の思考スピードや意見のユニークさに圧倒されました。自分もそういう人に近づけるように日頃から考えて様々な意見を持ちたいと思いました。また参加させていただくと思います。よろしくお願いいたします。
 
・N・Kさん
とても有意義で楽しい時間が過ごせました。自分自身、数学の専門家でありながら仕事に応用できていない現状があり参加させていただきました。刺激的な情報が得られ、次のビジネスを考えるきっかけができたと思います。また参加させていただければと思います。
 
・O・Kさん
アクセス解析の実例、TEDの講演など、テーマを補強するものがあって大変有意義でした。
 
・M・Tさん
統計学は「かんたん〜」とタイトルについてる本でも実際読んでみると難解だったりして、なかなか身に付けることが困難な分野ですが、今回は専門家もいらして楽しく、いろいろなテーマに話を広げることができました。参考になりました。
 
・G・Hさん
勉強会というものに今回初めて参加させていただきました。普段あまり出会うことのないような方の意見が聞け、非常に楽しかったです。また機会があればよろしくお願いします。
 
・O・Mさん
職種の違う人の意見は自分の意見と違っていて面白かったです。グループワークの前に見させていただいた動画が本と同じくらい興味深かったです。本を読んでから、更に他の専門家がどう考えているのか知ることができて良かったです。
 
・N・Kさん
メールマガジンの登録者数と申込者数に相関関係のあることが大変勉強になりました。また遊びに来ます!
 
・T・Hさん
色々な職業の人たちと様々な角度から課題にアプローチしていく過程がとてもおもしろかった。
 
・H・Hさん
統計学と聞いてイメージとして最初は掴めませんでしたが、本を読み、皆さんからの意見を聞く中で、仕事において今まで効果的に使いこなせていないと実感しました。たくさんのDATA項目の中、本当に必要なものを選択するよう努めていきたいと思います。
 
・S・Kさん
TEDの動画はすごくおもしろかったです。参加しなければ知ることのできない情報だったのでありがたいです。本をきちんと読めていなかったので、参加に不安もありましたが、皆さんとのワークはおもしろかったです。同じテーマでも色々な考え方があるのだと思いました。全体的にリラックスした雰囲気で居心地が良かったです。
 
・T・Sさん
実際のビジネスでどのように統計をつかっているのか、また活用しきれていないのか、リアルな話が非常に楽しかったです。相互作用がおこるので統計データも相互作用からおこる変化をタイムリーにFeedbackできること(スピード)がビジネスに有効なんだと思いました。
 
・I・Tさん
ディスカッションを通じて、自分一人では思いつかない様々なアイデアに触れることができた。本書の内容を受動的に吸収するのみならず、能動的にアウトプットすることによって理解が深まった。これからの学習の励みにしていきたいと思う。
 
・N・Tさん
いろいろなバックグラウンドがある方の意見が聞けるので、多くの学びが得られました。
 
・I・Hさん
2回目の参加でした。前回グループワークが盛り上がって楽しかったので参加しましたが、今回も色々な意見が聞けて楽しかったです。ありがとうございました。
 
・H・Yさん
最終課題の仮定「データを無制限に入手できて、統計学を完璧に扱える」というものはビジネスの本質につながる重要な仮定でした。問いの設定にグッときました。
 
・Y・Nさん
今日も楽しく皆さんの話を聞けました。
一つ要望ですが、事前にワークのテーマを知る事が出来れば少し準備をしてディスカッションが出来るかな思います。
 
・H・Tさん
フランクな会で皆で話し合えて良かったです。
テーマが決まっていますが、集まってくる方が業種が異なる為、視点や切り口が異なり大変勉強になりました。
 
・K・Kさん
同じテーマについて、普段話をしていない(=初対面)方々と話せるよい機会でした。統計学については、日常生活にもビジネスにも幅広く適用できるので、今後もこの種の書籍やセミナーは開催されてよいと思います。みなさん、前向きな方で、良い場だと思います。今後も続けてください!
 
・H・Sさん
代表の山田さんのプレゼンを楽しく聞くことできました。ホームページの様々な解析と動画を見れたことだけでも、なるほどと思いました。メルマガが人数増につながることも今の時代にピッタリの戦略と思いました。ありがとうございました。
 
・S・Yさん
今回のテーマは「統計学」ということで、我々のディスカッションの内容を全て記録して、テキストマイニングで分析すれば参加者の属性が集まり、このイベントが更に盛り上げる有益なデータとなるのでなないか、など考えていました。楽しかったです。ありがとうございました。
 
・T・Rさん
普段一人で読書している時には考えもしなかった考えやアイディアがグループワークで聞けて、刺激になりました。色々なバックグラウンドを持った人たちと率直な意見交換が楽しかったです。また、最初のプレゼン内容も、山田代表が実践されていることを紹介されていて、興味深かったです。
 
・O・Sさん
日頃データをまとめたり分析したりしていますが、確かに、データを集める事で終わって、何となくそれらしい理由づけをすることでよしとしていたように思います。データを使いきれていなかった!!ちゃんと統計を使いこなせるようになりたい。
 
・S・Nさん
色々な業界の方が自由に意見が言える、とても良い場だと思っています。プレゼンの練習にもなり、充実しています。
 
・H・Mさん
異なる職種の方と触れ合うことで新たな気付きを得られたことが面白かった。統計学をもっと勉強してみたい。

 

toukei130525_03.JPG

 

toukei130525_04.JPG

 

toukei130525_05.JPG

 

toukei130525_06.JPG

 

toukei130525_07.JPG

 

toukei130525_08.JPG

 

toukei130525_09.JPG

 

toukei130525_10.JPG

 

toukei130525_11.JPG

 

toukei130525_12.JPG

 

toukei130525_13.JPG

 

toukei130525_14.JPG

 

toukei130525_15.JPG

 

 

勉強会・読書会詳細

テーマ

統計学入門

課題図書

『統計学が最強の学問である (西内啓著)』

開催日時

2013年05月25日(土) 17:00 ~ 19:00



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。



?