【活動レポート】これからの生き方 『僕は君たちに武器を配りたい(瀧本 哲史著)』ビジネス読書会



2012年8月25日 Posted in 活動レポート

テーマ

これからの生き方

課題図書

『僕は君たちに武器を配りたい(瀧本 哲史著)』

>『僕は君たちに武器を配りたい(瀧本 哲史著)』リンク

記念すべき第一回目のビジネス勉強会を開催しました!

7名の方に参加いただきました。ありがとうございました。

 

勉強会01.jpg

 

当日のレジュメ

ビジマレジュメ_武器120825.pdf

 

参加者の皆さんは、かなり多様でした、

会社経営者、ノマドワーカー、大企業の偉い方、海外留学経験者、学生さん、ベンチャー企業を渡り歩いた方、元社長方など、参加者の顔ぶれが多様でしたので当然議論も様々な視点で盛り上がりました。

 

本書の議論で、出たいくつかの意見を振り返ります。

この著書が、読みやすく書かれたものという点もありますが、マーケター、イノベーター、リーダー、インベスターといった、これからの資本主義で生き残るための能力を持った人たちの定義が甘いという意見が目立ちました。

また、課題図書全体が、あくまで著者の経験などをもとに書かれているだけで、具体的な数値や実証データなどが示されていないので、感覚的な部分が多く、一つ一つ鵜呑みにせずに検証する必要があるという印象です。

一方で、このカテゴリーの能力が高い人たちが、実際にこれからの社会で活躍しやすいという点については、参加者の多くが納得していました。特に、ひとつの能力に特化するのではなく、複数の能力を組み合わせることが重要という意見で議論が進んでいた様子です。

 

課題図書の内容は、主に大学生向きに書かれた内容となっていますが、実際の大学生の多くは、就職の選び先として、公務員や鉄道系などの安定しているように思える 方面への志望者が多く、学生の現実とあまりにかけ離れていて、この著書を読んで心に響いて、実際の行動に移す学生がどのくらいるのかは大変興味深いというお話も出ました。

また、資本主義で生き抜くために重要な能力として著者が挙げていないものに、人脈構築能力(コネクター)があるのではという意見が出て、本当に価値のあるコネクターはどんなものなのか、どうやってその人脈が利益につながるのかなどの話題も盛り上がりました。

 

今回、第一回ということで、ドキドキでしたが、初めて顔を合わせる人がほとんどの中で、和気あいあいと、議論を進めることができて、大変よい雰囲気でした。

ありがとうございました!

 

 

ビジわん社長の一言:

お前ら、武器は持てたか?

 

 

 

勉強会・読書会詳細

テーマ

これからの生き方

課題図書

『僕は君たちに武器を配りたい(瀧本 哲史著)』

開催日時

2012年08月25日(土) 17:00 ~ 19:00



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。



?