テーマ:統計学入門『統計学が最強の学問である (西内啓著)』ビジネス読書会



2013年5月25日 Posted in イベント Posted in ビジネス勉強会 Posted in 新着記事

テーマ

統計学入門

課題図書

『統計学が最強の学問である (西内啓著)』

>『統計学が最強の学問である (西内啓著)』リンク

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

aphorism_business130525.png

今回のテーマは、統計学入門ということで、『統計学が最強の学問である (西内啓著)』を課題図書に、統計学を使ったデータの扱い方を学んでみたいと思います。
 
昨今、「ビックデータ」という言葉が明らかに流行というか、バズワード化しています。
企業がとにかく、膨大な情報を入手して処理できれば、他社が手に入れていない重要な情報が手に入るのではないか・・・という漠然としたイメージが流布されています。
 
本書では、この「ビッグデータ」に対して、疑問を挟んでいます。
情報の量そのものが膨大でも、さほど価値がないことの方が多いのです。
 
課題図書によると、サンプリング調査で、例えば1,000人の調査結果の標準誤差は3%程度で、このサンプル数を10,000人増やすと、標準誤差が0.9%になります。10倍のデータを使っても、2%程度しか改善されません。さらに、そこから1万単位でデータを加算させても、0.3%以下の数値しか改善されません。
 
0.3%以下の改善のために、果たして数千万〜数億のビッグデータ収集及び処理のシステムを入れる価値があるのか?そもそも、ほとんどの個人や企業は、少ない情報から、可能な限り正しい成果を手に入れる方が大切です。そのためには、仮説や、調べるための目的の方が重要になります。
 
そのような手法と考え方が身につくのが、統計学です。
 
今回の勉強会では、統計学の考え方と、統計学の計算以上に、データの取扱で私達が何に気をてなくてはいけないのか、考え方を詰めてみたいと思います。
余裕があれば、WEBサイトの生の解析データなども、当日統計学を若干利用しながらさばいてみたいと思います。
 
 
 
当日は、「志あるチェンジメイカーが世界とつながる秘密基地」HUB Tokyo
での開催になります。
 
とってもスタイリッシュで居心地のよいイベントスペースです。
 
>HUB Tokyoホームページ
 
 
hubokyo01.png
 
hubokyo02.jpg
 
 
 
 
【当日のスケジュール】
17:00〜:課題図書解説+深堀り
17:30〜:課題図書に関する議論、グループワーク
19:00〜:懇親会・交流会(費用は参加費込、会場移動なし)
20:00:解散
 
 
いろいろな業種の方が集まるので、ぜひ名刺をご持参ください。
 
キャンセルにつきましては、2日前までにinfo@bizima.bizまでご連絡ください。
当日のキャンセルは、資料や会場準備の都合上、極力ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
 

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。

勉強会・読書会詳細

テーマ

統計学入門

課題図書

『統計学が最強の学問である (西内啓著)』

開催日時

2013年05月25日(土) 17:00 ~ 19:00

定員

50人

参加費用

2000円
(懇親会費はサービスで無料にしております)
懇親会参加の方は、ぜひ名刺をお持ちください。

講師・発表者

山田 案稜(やまだありゅう)
(ビジマ代表 / 株式会社パワービジョン代表取締役社長 / ウェブマーケティングコンサルタント)
■著書
『Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 最速集客術 ~SEMの極意』(技術評論社)
『すぐに使えてガンガン集客!WEBマーケティング111の技』(技術評論社)
『小さな会社のWeb担当者になったら読む本 ―ホームページの制作から運用・集客のポイントまで』(日本実業出版社)
>著書一覧

会場

HUB Tokyo(ハブ トーキョー) イベントスペース

会場住所

東京都目黒区目黒2-11-3 HUB Tokyo イベントスペース
(JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線ほか「目黒」駅 徒歩10分程度)
>HUB Tokyoホームページ
>HUB Tokyo会場への詳細案内

会場地図

参加お申し込みはこちら

※定員になり次第募集を締め切りますので、早めのお申込みをお願いします。



初めての方はメールマガジンに登録

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 ビジマのFacebookページでは、最新の勉強会・読書会情報や、レポート写真、おすすめビジネス書のミニ書評など、抱負なコンテンツを配信しています。みなさんの読書ライフをより楽しめるように楽しい情報をお送りします。
 ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。



?