『キャリアポルノは人生の無駄だ(谷本真由美著)』ミニ書評・感想

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

「キャリアポルノ」という言葉のインパクトが凄いが、読んでみると面白い。

自己啓発本が異常に売れているのは、アメリカと日本で、ヨーロッパではそうでもないというのが興味深い。アジア諸国ではどうなのか、大変気になります。

今は「成功」や「能力」に関して私達が深いコンプレックスを抱いている時代なのかもしれない。

ちなみに、「学」にコンプレックスがあった時代は「教養ポルノ」もあったのかもしれないなぁと感じてしまう。『知の欺瞞』が教養ポルノを終焉させ、時代は「キャリアポルノ」に、向かったのだろうか。